MENU

新千歳空港国際アニメーション映画祭2015 2015.10.31Sat – 11.3Tue 会場:新千歳空港ターミナルビルにて開催

2015.10.31(土) - 11.3(火・祝) 2015.10.31(土) - 11.3(火・祝)

【爆音上映】イエローサブマリン

●10月31日(土)19:00 シアター1      
●11月2日(月)10:00 シアター1

整理券対象プログラムです。整理券について詳しくはこちら

ポップアニメーションの金字塔! アニメ史に革命をもたらした名作が爆音で登場。

ビートルズのメンバーをキャラクターにしたアニメーション映画(69年日本公開)。 斬新なアイディア、強烈なキャラクターそして自由な作風等でアニメ界に旋風を巻き起こし、今なお高い評価を得続ける名作。劇中では多数のビートルズ・ソングを使用。 今回、アニメのフレイムごとに手作業でクリーンアップをされた、最新デジタル・リマスター版(4Kデジタル・レゾリューション)を上映!カム・トゥギャザー!

音楽ライブ用音響
セッティングでの上映
爆音上映とは、通常の映画用の音響セッティングではなく、音楽ライブ用の音響セッティングをフルに使い、音量も限界まで上げ大音響の中で映画を観て、聴く試みです。
大胆かつ繊細な上映
一般劇場上映では聴くことの出来ない迫力と、その爆音によって視覚までもが変容して映画そのものも違って見えるトリップ感覚が体験できます。また、大音響でなければ聞こえてこない幽かな音を聴くという、大胆かつ繊細な上映となります。
爆音=良音=適音
もちろん「爆音」とは言っても音を大きくするだけではありません。その映画にとって最適な音とは何か、その音があることによって映画が違って観えてくる、それぞれの映画における音の核心はどこにあるのか?そんな映画におけるベストな音の探求こそ、爆音上映の醍醐味です。映画にとって最良の音、最適な音が爆音上映にはあります。

ストーリー

昔むかし、この世の楽園がありました。そこはペパーランドという名で、音楽に満ち溢れた素晴らしいところでした。しかし、空飛ぶグローブと軍隊を率いたブルー・ミーニーズが音楽を追放し楽園を破壊すべく宣戦布告をしたのです! ザ・ビートルズのジョン、ポール、ジョージ、そしてリンゴがペパーランドをブルー・ミーニーズから守り平和を取り戻すために立ち上がりました!

顔写真

爆音プロデューサー 樋口泰人

映画評論家、音楽ロック評論家。爆音映画祭ディレクター。現在も自ら爆音調整に立ち会っている。98年に「boid」を設立。爆音上映、映画配給、boidレーベル、boid出版など、多岐に渡る仕事で多くの監督や作家から支持をえている。著書に「映画とロックンロールにおいてアメリカと合衆国はいかに闘ったか」「映画は爆音でささやく 99-09」などがある。
boid→http://www.boid-s.com/

作品情報

監督:ジョージ・ダニング
音楽:ザ・ビートルズ
製作:アル・ブロダックス
1968年/イギリス/89分/ブルーレイ/英語音声、日本語字幕


© Subafilms Ltd.

協賛 :
  • 石屋製菓(株)
  • サッポロビール(株)
  • 東日本電信電話(株)
  • (株)北洋銀行
  • (株)北海道銀行
  • 北海道空港(株)
  • 北海道コカ・コーラボトリング(株)
  • (株)マテック
  • よつ葉乳業(株)
  • (株)ロイズコンフェクト
特別協力:
  • JAL
  • ANA
  • AIRDO
  • SKYMARK
主催:
新千歳空港国際アニメーション映画祭実行委員会
後援:
総務省 / 外務省 / 経済産業省 / 観光庁 / 東京航空局 / 北海道運輸局 / 日本政府観光局(JNTO) / 北海道 / 千歳市 / 日本アニメーション協会 / 日本アニメーション学会 / 日本動画協会 / 映画産業団体連合会 / 北海道新聞社 / NHK札幌放送局 / 北海道放送 / 札幌テレビ放送 / 北海道テレビ放送 / 北海道文化放送 / テレビ北海道 / エフエム北海道 / エフエム・ノースウェーブ / STVラジオ(順不同)
Chitose Hokkaido, JAPAN

新千歳空港国際アニメーション映画祭

事務局
〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西7丁目1-1 
CARP札幌ビル 5階
電話
011-206-1280[担当:小野、梅津]
(受付時間:平日10:00〜18:00、土日祝休み)
Mail
info[at]airport-anifes.jp