MENU

新千歳空港国際アニメーション映画祭2015 2015.10.31Sat – 11.3Tue 会場:新千歳空港ターミナルビルにて開催

2015.10.31(土) - 11.3(火・祝) 2015.10.31(土) - 11.3(火・祝)

プロフェッショナルトーク

アニメーション界のスペシャリストを招いて、対談やインタビュー形式で様々なテーマについて彼らの熱い声をお届けします。

ph
11/1(日)13:45 4階特設会場 参加無料

「現代のコンテンポラリー中国アニメーション」

講師:ゲルベン・シェルメル

中国は、芸術一般、とりわけアニメーションにおいて、動乱のような発展の最中である。このプログラムでは、オランダ国際アニメーション映画祭において上映された中国作品――近年活躍を見せる新たな世代の映画作家や美術作家によるもの――ベスト集を見せるものである。これらの作家たちは文化大革命の後に生まれており、なかには天安門事件の以後生まれの者もいる。中国の文化史に対する熟考のうちにインスピレーションを受けている作家もいれば、多彩な技法、マテリアルへの積極的なアプローチのなかで、自由なアプローチを採用する者たちもいる。
ph
11/1(日)17:00 4階特設会場 参加無料

「アダム・エリオット メイキング・オブ」

講師:アダム・エリオット

セット、人形、小道具…その独特のアニメーション作品の世界のすべてを手作りでこしらえてきたアダム・エリオットが、自身の作品の創作プロセスについて、様々な資料を見せながら語ります。Q&Aセッション付き。
ph
11/2(月)10:15 シアター2 参加無料

「アニメーションと音楽の甘い関係」

講師:石岡良治
(評論家・表象文化論[芸術理論・視覚文化]・ポピュラー文化研究)

アニメーションは実写映像と比べて構成要素の大半を意図的に制御することが容易である、としばしば指摘される。たしかにCGの使用が全面化する以前の映像的要素については、この指摘が当てはまることは多かった。けれどもトーキー誕生以降、音響的要素との関連では、とりわけ音と映像という互いに齟齬する要素の制御にかんして、アニメーションと実写映像はかなり多くの課題を共有してきたように思われる。多種多様な「ミュージックビデオ」の実践は、アニメーションを音響との関係でトータルに考察していく際に極めて重要な手がかりになるのではないか。

石岡良治
1972年、東京都生まれ。批評家、表象文化論。青山学院大学ほかで非常勤講師。著作に、『視覚文化「超」講義』(フィルムアート社、2014年)、『「超」批評 視覚文化×マンガ』(青土社、2015年)。論考に「岩井俊二作品における印象の重ね書き」(『ユリイカ』2012年9月号)、「細田守のアニメ作品における「機能する齟齬」―オープンシステムとしての「細田守作品」」(『ユリイカ』2015年9月臨時増刊号)など。
ph
11/3(火・祝)16:30 シアター2

講演「子供、夢、アニメーション:時間の不在」

講師:山村浩二

子供のためのアニメーション制作の中で、個々の作品ごとに考えてきたことや、自分自身の子供時代の時間感覚の実感を通じ、また夢における「時制」の不在とアニメーションにおける時間の問題を繋げ、「時間」の存在について考察する。また古今の様々な識者による時間についての思想をたどりながら、『マイブリッジの糸』の創作の中で考えた「創造性」と「時間の矢」の関係を提示する。

※全期間ポスポート・1DAYポスポート・当日1プログラム券が必要です。

協賛 :
  • 石屋製菓(株)
  • サッポロビール(株)
  • 東日本電信電話(株)
  • (株)北洋銀行
  • (株)北海道銀行
  • 北海道空港(株)
  • 北海道コカ・コーラボトリング(株)
  • (株)マテック
  • よつ葉乳業(株)
  • (株)ロイズコンフェクト
特別協力:
  • JAL
  • ANA
  • AIRDO
  • SKYMARK
主催:
新千歳空港国際アニメーション映画祭実行委員会
後援:
総務省 / 外務省 / 経済産業省 / 観光庁 / 東京航空局 / 北海道運輸局 / 日本政府観光局(JNTO) / 北海道 / 千歳市 / 日本アニメーション協会 / 日本アニメーション学会 / 日本動画協会 / 映画産業団体連合会 / 北海道新聞社 / NHK札幌放送局 / 北海道放送 / 札幌テレビ放送 / 北海道テレビ放送 / 北海道文化放送 / テレビ北海道 / エフエム北海道 / エフエム・ノースウェーブ / STVラジオ(順不同)
Chitose Hokkaido, JAPAN

新千歳空港国際アニメーション映画祭

事務局
〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西7丁目1-1 
CARP札幌ビル 5階
電話
011-206-1280[担当:小野、梅津]
(受付時間:平日10:00〜18:00、土日祝休み)
Mail
info[at]airport-anifes.jp